千葉で葬儀後に行われる最後の別れと釘打ちの儀とは

千葉で葬儀や告別式が終わったあとは、故人と最後の対面を行います。

最後の別れから出棺までは流れやきまりがあるため、悔いのない別れができるよう事前に段取りを把握しておくことが大切です。

◆葬儀後に千葉で最後のお別れをするときは

葬儀終了後に、遺族や故人と親しかった友人などが最後のお別れをします。

千葉の葬儀社が祭壇から棺を下ろし、北向きに頭を配置して遺族の前に置いてくれます。

棺のふたを開けたら、別れ花を遺族や近親者たちの手で故人の周りに飾りましょう。

別れ花とは祭壇の供鼻から摘んだ花のことを指し、葬儀社が用意してくれるものです。

もし納棺のときに入れ忘れた故人の愛用品などがあれば、このときに入れるようにしましょう。

故人と遺族らがの最後のお別れをしている間は、参列者たちはその場を離れて出棺を待つようにします。

◆お別れ後の釘打ちの儀の流れ

故人との最後の対面が済んだら、棺のふたを閉じて釘打ちの儀を行います。

釘打ちの儀とは葬儀会社が棺に半分打ち込んだ釘を、頭から足に向かって順に石で打ち込んでいく儀式のことです。

なぜ石で打ち込むかというと、医師は三途の川の河原にある石を表し、故人が無事に三途の川を渡れるようにという祈りが込められています。

釘を打つ順番は喪主からスタートし、次いで遺族、友人の流れで各人が2回ほど軽く釘を打っていきます。

近年ではこの釘打ちの儀が省略される傾向にあるため、釘打ちの儀を行うかどうか事前に葬儀社に確認しておくとスムーズです。